時期で分散投資

| 未分類 |

マーケットの動向を見ながら、タイミングよく投資しようと考えても難しいものです。
日々変動する中で、ベストの投資タイミングをつかむことは専門家でも至難の技なのです。
加えてタイミングを重視することは投機的になり、マーケットの動向に投資スタイルが左右されることになります。
そこで大切になるのがタイミングによらない投資です。
一度に資金を投資するのではなく、定期的に同じ商品を買い付けることがポイントです。
そうした投資するタイミングを分散することこそ時間分散という考え方です。
また、定期的に同じ商品を、継続して同じ金額で買い付けることも大事です。
これはドルコスト平均法と呼ばれ、資産運用における買い付けの基本スタイルです。
商品の価格が高い時は少ない量を、安い時には多く量を買い付けることで、平均の買い付け価格を下げるメリットがあります。
ここで注意したいのが同じ数量ではなく、同じ金額で買い付けることです。
安い時に買って、高い時に売るというのは理想的な投資法ですが、予想が大きく外れることがあります。
定期的に継続して買い付けることで、徐々に資産を増やすことができます。
タイミング重視の投機的な手法よりも、効率的に資産を形成できる点で大きなメリットがあるのです。