ポートフォリオは、資産クラスの配分を指します。例えば、国内株式に25%、国内債券に25%、海外株式に25%、海外債券に25%というように、何にどれくらいの割合を投資するのかを指します。個別の銘柄を選定する前に、これを決めるのが良いと考えられるのです。
現在では、基本的なものとして4資産均等があります。これはどう言ったものかというと、国内外の債券と株式に、それぞれ25%投資する方法を指し、基本的なものとして使われているようです。さらに分散効果を高めるために、6資産金というと言うものもあります。これは、4資産均等に対して、国内外の不動産を組み合わせたものです。ですから、それぞれの資産配分は6分の1となります。
もちろんですが、均等にする必要はなくて、例えば積極的にリスクをとって資産を成長させようと思うのなら、株式の割合を増やしたり、あるいは海外資産の割合を増やしたり、あるいは不動産屋コモディティを増やすという方法が良いと考えられています。逆に、リスクを抑えるためには債券の割合を高めるという方法がとられています。特に、最高にリスク回避的に行くのであれば日本国債を中心投資をしていくことになるのです。